遺言のことで、このような悩みありませんか?

悩み、相談

  • 遺言書の書き方が分からない
 
  • 夫婦の間に子供がいない
 
  • 相続人が一人もいない
 
  • 家業を継がせたい人がいる
 
  • 相続財産に不動産が含まれている
 
  • 内縁関係にある人がいる
 
  • 認知していない子がいる
 
  • 財産を渡したくない人がいる 
 
  • 自筆証書遺言と公正証書遺言の違いって?
 
  • 公正証書遺言って費用はどれくらい?

行政書士 晴れの国法務事務所

遺言業務に必要な期間

自筆証書遺言の場合

・1週間~1カ月程度

公正証書遺言の場合

・3週間~3カ月程度

※相続人の人数、財産の種類によって異なります。

その他必要な要件等

・相続人に相続欠格の人はいませんか?

・相続排除を検討していませんか?

報酬一覧

遺言書の原案作成40,000円~難易度により
公証人との連絡事務費30,000円別途実費
戸籍謄本の収集10,000円別途実費/2人まで
不動産登記簿謄本の収集10,000円別途実費/2件まで
固定資産評価証明書の収集無料別途実費
証人のご用意5,000円1名につき
公証役場までの送迎無料 
 遺言の書き直し原案作成の半額多少の変更に限る
   

・上記は、税別の料金です。

・項目にない見積りは個別見積りします。

・難易度、処理量により多少報酬が変わる場合が御座います。

お問い合わせ先

IP電話 050-5359-3347

直通携帯 080-1924-0033

LINE・メールからの申込みは24時間受け付けています。

このページの更に詳しい情報は、ブログにて発信しております。

(業務の概要や必要な書類、PDFなど)

ブログのカテゴリから「遺言」を検索してご覧ください。