#6 エンディングノートに記載する項目の内容って?③ ~終活から成年後見そして遺言相続まで~ 行政書士 晴れの国法務事務所|岡山県の街の法律家

前回の動画では、エンディングノートに記載しておきたい項目の内容ついて解説したので、今回も、その続きになります。今回で内容の記載については最後です。


医療について

・かかりつけの病院名や電話番号や常用している薬。

・持病やアレルギー・病名の告知について

・回復が見込めない場合の延命措置について

・臓器提供や献体登録の有無

 

介護について

・希望する介護施設や内容

・認知症になったらどうしてほしいか

・介護をする人に伝えておきたいこと

などを記載しておきましょう。


葬儀・納骨について

・希望する葬儀の内容や宗派

・葬儀に呼んでほしい人や喪主になってほしい人

・遺影に使ってほしい写真

・費用について

・希望する納骨方法



遺言について

・遺言書を作成しているかどうか

・遺言の保管場所と種類(自筆証書、公正証書、秘密証書)

・作成時に相談した専門家の連絡先

などを記載しておきましょう。

 

但し、エンディングノートには、法的効力はありません。

 

少し長くなりましたが、全3回に渡るエンディングノートに記載する内容の解説でした。

次回は、エンディングノートと遺言書の違いを解説していきます。