在留資格認定証明書 Application for Certificate of Eligibility 

在留資格認定証明書
Application for Certificate of Eligibility

VISAの申請に先立ち,在留資格認定証明書を取得しておくと,比較的スムーズにVISAの交付が受けられます。在留資格認定証明書交付申請には、在留資格を満たしていることを証明するために、申請人や受入先の様々な立証書類が必要になります。まず、VISA申請の前に在留資格認定証明書の取得することをお勧めします。在留資格認定証明書を取得せずVISA申請をした場合、かなりの時間と労力が必要になります。

立証書類は、在留資格や申請人・受入先によって様々です。

在留資格認定は、入国管理局での申請から審査が完了するまで1ヶ月~3ヶ月かかります。余裕をもって書類作成・申請することが必要です。また、在留資格認定証明書の交付日から3か月以内です。それまでに上陸審査を受けないと証明書の効力を失います。

在留資格認定証明書取得の流れ

外国人の代理人が日本の入国管理局に在留資格認定証明書の
交付申請をする。

日本の入国管理局が審査を行う

外国人の代理人に在留資格認定証明書を交付

代理人が外国人本人に在留資格認定証明書を送付

外国人本人が海外の在外公館でビザを申請

在外公館で審査

外国人本人がビザを取得

日本に短期滞在を希望する場合は在留資格認定証明書は不要です。

VISAとは

訪問しようとする国の在外公館が訪問者に対して、その所持する旅券が有効であり、自国へ入国させて支障のない者であると認定して与える推薦書です。つまりその国への入国許可の一つの条件であって入国許可証ではありません。