風俗営業許可申請のご案内

風俗営業許可申請業務の案内

 風俗営業は1号~5号営業に分類されています。

1号~3号営業は、接待飲食等営業と呼び、4号~5号営業を遊技場営業と呼びます。お客様にどういったサービスを提供するのかによって○○営業かに分かれます。

●接待飲食等営業

 客に飲食をさせる    客に接待を行う客にダンスをさせる 
1号営業キャバクラ・スナック等
2号営業××低照度飲食店
3号営業××区画席飲食店

4号営業    設備を設けて客に「幸運を得たい」気持ちをそそるおそれのある遊戯をさせる営業    (マージャン店・パチンコ店等)

5号営業    スロットマシン・テレビゲーム機その他の遊戯設備で本来の用途以外の用途として「幸運を得たい」気持ちをそそるおそれのある遊戯に用いることができるものを備える店舗その他これに類する区画された施設において当該遊戯設備により客に遊戯をさせる営業   (ゲームセンター等)

 

風営法許可を取得するための要件

1.人的欠格要件に該当していないこと           

①成年後見制度を利用していなくて、破産もしていないこと
 

②過去5年間で警察の世話になっていないこと(世話になっていたら罪状を確認する)
 

③成人である
外国人の場合はさらに、在留資格が「日本人の配偶者等」「永住者」「特別永住者」「永住者の配偶者等」「定住者」であること。 

2.場所的要件をクリアしていること

①用途地域は「商業地域」と「近隣商業地域」であること。
 

②「保護対象施設」の有無について確認してきます。

 

風俗営業許可に必要な書類一覧

    1.許可申請書
    2.営業の方法
    3.住民票(本籍地記載のもので3か月以内に取得したもの)
    4.身分証明書(本籍地の役所で取得、3か月以内に取得したもの)
    5.登記されてないことの証明書(法務局で所得、3か月以内に取得したもの)
    6.営業所の使用について権原を有する書類(例・・店舗の賃貸借契約書のコピー)
    7.飲食店の営業許可証のコピー
    8.写真2枚(縦3㎝、横2.4㎝)・・管理者のもの、6か月以内に撮影されたもの
    9.料金・メニュー表
  10.定款(法人の場合)
  11.委任状
  12.誓約書2枚   

・個人の場合(申請者用1枚、管理者用1枚)

・法人の場合(役員全員分の名前を記載したもの1枚、管理者用1枚)

  13.店舗の使用承諾書
  14.登記事項証明書(建物)・・所有者を確認するため
  15.用途地域証明書
  16.登記簿謄本(法人の場合)
  17.営業所の半径100m以内の周辺の略図
  18.営業所平面図
  19.イス・テーブル寸法図一覧
  20.照明・音響設備図