会計記帳代行のご案内

会計記帳業務の案内

 行政書士の会計記帳の業務とは、個人事業主からの依頼により、仕訳帳、総勘定元帳、損益計算書、貸借対照表などを作成するものです。

 

 行政書士は税理士法及び税理士法施行令により、一定の税務書類の作成に関して業として行うことが認められており、会計帳簿の作成・決算書の作成は 『事実関係に関する書類』 の作成であり、これは行政書士の業務です。

 

 経理業務を外部に依頼することで、経理担当者を雇用する必要が無くなり、コストダウンを図れます。

 

 日常の記帳業務を行政書士に依頼し、 確定申告のときだけ税理士さんに依頼することで出費を抑えることが出来ます。(税務申告は、行政書士はできませんが、提携税理士と連携して業務を行うことは可能です。)

 毎月のレシート、領収書、請求書、通帳のコピーをそのままお渡しください。会計記帳は、当事務所がすべて行い、確定申告等をスムーズに出来るようサポートします。

 

 記帳完了後、お預かりした領収書 などの束を糊付けしファイリングしてお返しします。

 

会計記帳業務の対応

①個人事業主様

②中小企業様はご相談下さい。

 

会計記帳業務に必要な書類一覧

    お預かりした資料を基に会計ソフトで記帳いたします。お客様の作業は下記の資料を毎月、当事務所にお送りいただくだけです。

①領収書(レシート含む)

②請求書(受け取ったもの、発送したもの)

③通帳のコピー